×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

農兵節と三島女郎衆

TOPへ
農兵節の歌詞を読む
韮山反射炉と農兵
江川太郎左衛門とお台場
三島女郎衆
三島女郎衆の墓
三島の絵図
三島から北への古道
三島・昔の鎧坂
鎧坂から幸原への古道
沼津の古道
三島の行政境と境川
三島から西へを探る
沼津城と川廓通り
東海道中膝栗毛・三島宿
ディアナ号とヘダ号
静岡藩時代の沼津の古道
外部相互リンク
Site Map
韮山高校
三島市見どころマップ
源頼朝マップ
三島女郎衆の墓

宿場女郎の
墓永代供養塔

]無縁仏の女郎衆の墓石を寄せ集め供養塔と
した。
2011/08/16撮影
圓明寺の山門

重厚な山門は、三島宿の樋口本陣の正門を
移築したものです。
三嶋大社の西門から西に走る赤橋のある旧
鎌倉道沿いから少し奥まった位置にあり、こ
の門だけでも見る価値はある。

圓明寺の地図・・・寺の入り口は南側の旧鎌倉古道沿いにある。

考えてみれば三島女郎衆の歴史は戦争にはじまり戦争に終わっている。

天正18年(1590)、豊臣秀吉(とよとみひでよし)が小田原北条氏攻撃に際し、将士の休養のために女たち
を与え慰安(いあん)したことにはじまり、昭和20年の日本敗戦後の昭和31年に法律により廃止され三島女
郎衆の歴史は終わっている。

その後、毎年開催される三嶋大社の夏祭りには農兵節の踊りが披露され老若男女が喜んで行列に参加し
ている。地元の人は三島女郎衆の影の部分を十分理解している筈なのに、あえて影の部分を軽蔑せず、
むしろ三島女郎衆を繰り返し歌い込み、彼女らを弔うごとく踊りに集中する。

娼婦独特の病気のことも、あえて口に出さず、三島女郎衆の魂を昇華させ三島の水で清め鎮魂させて行
く。
昭和に入り、死出の旅路に就く多くの青年将校を見送った三島女郎衆を偲び憐み農兵節を淡々と喜んで伝
えている方々は、真に大人だと思う。

TOPへ
農兵節の歌詞を読む
韮山反射炉と農兵
江川太郎左衛門とお台場
三島女郎衆
三島女郎衆の墓
三島の絵図
三島から北への古道
三島・昔の鎧坂
鎧坂から幸原への古道
沼津の古道
三島の行政境と境川
三島から西へを探る
沼津城と川廓通り
東海道中膝栗毛・三島宿
ディアナ号とヘダ号
静岡藩時代の沼津の古道
外部相互リンク
Site Map
韮山高校
三島市見どころマップ
源頼朝マップ

戻る
戻る


農兵節と三島女郎衆