×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

農兵節と三島女郎衆

TOPへ
農兵節の歌詞を読む
韮山反射炉と農兵
江川太郎左衛門とお台場
三島女郎衆
三島女郎衆の墓
三島の絵図
三島から北への古道
三島・昔の鎧坂
鎧坂から幸原への古道
沼津の古道
三島の行政境と境川
三島から西へを探る
沼津城と川廓通り
東海道中膝栗毛・三島宿
ディアナ号とヘダ号
静岡藩時代の沼津の古道
外部相互リンク
Site Map
韮山高校
三島市見どころマップ
源頼朝マップ
三島から西へを探る

【大正14年の大岡村鳥瞰全図(沼津)を参考に明治34年黄瀬川に架けられた寿橋から三嶋大社に至る推定道】
・・・明治34年以前は旧東海道を西に進み、清水村を抜け黄瀬川橋を渡り、そのまま旧東海道を進んで海側の道を通るか下石田→中石田→上石田を北上して根方街道に出て西に進むルートだったと推察されます。

・・・ところが、明治34年に長泉村の本宿集落の西側黄瀬川に寿橋が架かると、若宮神社や国分寺跡付近から長泉村の村道を西に真っ直ぐ伸びる村道を根方街道に向かい歩いた方が有利になります。

・・・現在では、鎌倉街道と若宮神社の間の中間に東西に走る車道が存在し三島高校の北側を通り池田病院の南側を通る道が知られていますが、この道路の歴史は比較的浅く、上記鳥瞰図に御殿場線(当時東海道線)の本宿踏切東側十字路を北に曲がるのが確認されたため、北側の村道で比較的神社仏閣があり東に直線的に伸びる村道が使われた可能性が高いと踏み、若宮神社境内北側の側道に辿り着く古い道を図示したものです。

・・・庶民の歩く田舎道は文献が非常に少なく考古学的検証が出来難いですが、寿橋を渡る一つのルートとして当ページを見ていただければ幸いです。今後も郷土史家や古老の話しを聞き、道標や石塚など探し出し古い道を訪ねて肉付けして行きたいと考えています。




TOPへ
農兵節の歌詞を読む
韮山反射炉と農兵
江川太郎左衛門とお台場
三島女郎衆
三島女郎衆の墓
三島の絵図
三島から北への古道
三島・昔の鎧坂
鎧坂から幸原への古道
沼津の古道
三島の行政境と境川
三島から西へを探る
沼津城と川廓通り
東海道中膝栗毛・三島宿
ディアナ号とヘダ号
静岡藩時代の沼津の古道
外部相互リンク
Site Map
韮山高校
三島市見どころマップ
源頼朝マップ

戻る
戻る


農兵節と三島女郎衆